美容医療をもっと身近に

カウンセリング

安易に受ける事は避けるべき

美容整形治療は全国で浸透しており、受ける事自体に抵抗や批判も少なくなっています。受けやすく現在はなっていますが、それでもこっそり受けたいと考えている場合の治療方法も多く現れています。その一つがボトックス治療で、ダウンタイムはほとんどなく注射だけなので手軽に受けられます。ボトックス治療は筋肉への伝達物質に作用するので、狙った部位の筋肉を小さくすっきりさせる事ができます。小顔を希望している場合、顔が大きく見える要因が脂肪ではなくエラの筋肉の発達といった筋肉が要因の場合は効果的です。エラの筋肉だけを小さくし小顔を目指せ、しかも治療方法は注射だけなので受けやすいですが、注射だけと簡単な治療と思うのは早計です。人によって体格や状態は異なりますので、ボトックス治療で注入する薬剤の量は皆一緒ではありません。また顔には多くの筋肉が重なり合っているので、狙った部位のみの筋肉に正確に注射する技術も必要です。患者側からしたら簡単な治療方法ですが、施術側からすると正確さと診察力が求められる治療です。希望通りになるかは、医師の腕に左右されると言う事は覚えておく必要があります。

ボトックス治療はクリニックで受けるので、一見すると保険が適用されると思われますがそうではありません。美容目的の医療には保険は適用されないからです。小顔ボトックスを受ける際には医師の腕も重要ですが、費用面も確認しておく必要があります。ボトックス治療の効果は個人差はありますが平均で半年程です。経過すると徐々に元に戻っていきますので、効果を維持するには再度ボトックス注射を受ける必要があります。小顔目的の全国平均は左右合わせて6万円程になり、計算上は年間12万円のランニングコストになります。性質上ウ継続して受けると徐々に効果期間が長くなるのですが、それでも定期治療は必要です。保険適応の治療は費用が決まっていますが、保険適用外治療はクリニックが自由に設定してよく、独自に割引制度を導入する事も許されています。このクリニック毎の割引制度を活用する事で、コストを削減する事ができます。ほとんどのクリニックで実施している会員割引は、会員になるだけで施術料金が10%程安くできます。またキャンペーン割引や独自のパック料金を活用する事でも費用負担を減らせます。

Copyright© 2019 ピンポイントで顔の悩みを解消させるもっとも有力な手段とは何か All Rights Reserved.